腕時計は、自分にとってどんな存在なんだろう。
と、人に聞いてみる。
いつもそばにあるもの。
いざというときに見るもの。
さりげなくあってほしい。
高いから、大事にしている。
会社勤めの人がしているカッコイイもののひとつ。
自分でも改めて考えてみる。
すると今はいらない、携帯電話で時間は見るから…。
そして腕がきつくなってうっとうしいから、しない。
そう言えば、ここ数年したことがない。
「よくあたる」と前置きされた心理テストのひとつに、これがある。
「あなたにとって、腕時計とは何ですか」という質問。
解説を読む前に、自分で考えてみよう。
…………。
心理テストの解説によると、「腕時計」は「恋人」のたとえ。
つまり、腕時計をどう思っているかということは、恋人をどう思っているかということ。
当たった?